コテージで遊びたい人集まれー!!

コテージで遊びたい人が集い、分かち合うブログ。コテージ好きなら誰でもどうぞ。

レンタカーを借りて、滋賀のコテージへ

滋賀県って最近、かなり注目されているのをご存知ですか?

私は最近、レンタカー当日予約で2台借りて、滋賀のコテージへキャンプをしにいってきました。私の記憶が間違ってなかったら、最後のコンビニまでは、約一時間。そこから、どんどん山の奥地の方まで、レンタカーを走らせて、ついたキャンプ場が本当に素敵なところでした。

もちろん、コテージもめちゃくちゃ素敵だったんですよね。なんか、うまく言えないけど、ザ、コテージって感じが、余計にテンションを上げてくれました。

レンタカーでどのくらい走ったんだろう?一時間交代で数名変わっていましたが、もはや記憶にありません。

その日は、私たちだけの貸切状態だったので、音楽かけてかなり夜が深くなるまで飲めや騒げやをやって来ました。最後のコンビニで、これ多くない?って思った食べ物や、飲み物が帰る頃には嫌いになくなっていて、なんなら足りないくらいで、どれだけみんな、飲んで食べたのか?って思うくらいの量を消費しました笑 

コテージは、寝る瞬間ぐらいしか、入らなくて、夏の山の夜は外が本当に涼しくて、快適で、ずっと外で色々お話ししながら夜が明けて行っちゃいました。

レンタカーできていたので、結構たくさん荷物を詰めたので、本当に何不自由なく過ごすことができたのですが、夏でも、山の夜を舐めていたので、寒さ対策的なことはもっとしておいたほうがよかったかな?っていうのが今回の反省点ですね笑 まぁ、コテージにはいればよかったんですけどね…

コテージだけではなくて、山に行くときは、バスをみんなで予約される方もいらっしゃいますが、できれば、レンタカーを借りるのが断然オススメです。だってできることが全然変わってきますからね!本当にレンタカーたのしいですよ。

コテージの楽しみ方と北関東の旅


世の中ではコテージを丸々借りての合コンをする人が増えているようです。料理を通して普段の生活がよく分かるので、いい人をお探しならご飯屋さんでやるよりもキャラクターが見えておすすめです。またそういう時は高いコテージを利用できるのも利点ですね。

地球上にはニッポンでは見ることのない物凄いコテージがあるようです。本で読んだだけなので泊まったことはないけど、ナミビアにあるコテージはサイが驚くほど近いところにいて大迫力なんだそうですよ。ま、合コンは国内のコテージでしょうが…。

琵琶湖の付近にもおしゃれなコテージやログハウスは無数にあります。天気のいい日は湖水浴したり、カヤックに挑戦したり、草花観察でもして思うがままに時間を使いましょう。
春らへんに何とか貯金が目標に達するから、ちょびっと豪華な旅行に行こうと思います。神奈川とかいいなって思うけど美瑛もいいらしいし…予算に合わせて良い旅にしたいですね。
けど北関東も捨てがたい。去年の暮れに日光に行ってきた叔母が、めっちゃ素敵!って感嘆してました。大通り沿いに大人気のケーキ屋さんがあるらしく、住んでもいいくらいだそうです。

北関東でコテージを使うならバーベキューももちろんいいけど、コテージ内での自炊もやってみたいところです。備え付けのキッチンには料理をするためのアイテムが置かれているコテージが相当あるので、どんなメニューも作れます。
けどバーベキューもやっぱ捨てがたい!バーベキューの時の食べ物を選定するのって悩みますよね。冒険してマシュマロとかいいアイデアだと思います。だけど友達が提言しておからを料理した時はいけてなかったです。

大人の男の戸外でのアクティビティが増えたことで、コテージや貸別荘の数はここ数年でかなり増加しました。そんな中でも北関東を始め、四国や南九州、伊豆半島はコテージがたくさん軒を連ねています。
コテージの値段や地域によって置いてあるアメニティはそれぞれです。歯ブラシや浴衣だけのこともあれば、キンチョールやパックまで準備されてることもあります。コテージの進化は留まるところを知りませんね。

 

雪山に行くならコテージへ

コテージっていうと夏休みのイメージがありますが、寒さが厳しい場所もそこそこいい感じです。昼はボードで滑りまくって、夜はコテージの中でポケーっとしながらアイスクリームとか食べたいですね。
色々あるコテージによってはホテルと抱き合わせの部類のものもあります。そのようなコテージだとホテル内の設備が優先的に使えるし、客室の中をプロの清掃員がクリーンナップするのでパーフェクトです。
コテージやロッジの中には調味料を置いてることもあるのですが、無いパターンの方がおそらくは八割をこえています。出汁の素やマヨネーズは必須ですが、スイートチリやまっちゃ塩もゲットしておくといいですよ。
なんせ雪山を訪れるなら寝場所にするのはコテージが最高です。割安で泊まれるし、ウッドデッキで焼肉が自由に楽しめるからです。一棟貸しというのもまたいいところです。

冬にスキー場でコテージに宿泊するのはほんとに素敵です。もちろん外は冬だけどコテージの中には何かしら部屋を暖めるものがあるし、コテージのクオリティ次第では温熱スチーマーや暖炉が提供されているところだって存在します。
貧乏だけど活力はある20代には、例外なくコテージは支持されがちです。離れになるから遅い時間まで宴会できるし、暖炉とかはそんな感じの子達は最高に好きでしょうね。

子供の頃おばさんに連れて行ってもらった札幌市の外れにあるコテージは今でも心の中で眠っています。あの時は広い風呂に入ることが初体験だったので、親子共々かなり舞い上がりました。
反対にマリンスポーツ好きの間では宿泊施設はコテージが一般的です。どれだけいようが安いし、海のそばということもあるし、中が広いから道具を簡単に運びこめるとこが素敵です。
けどコテージやログハウスはその辺の住宅よりも壁や床がしょぼいので、雨の日とかには冷えることもあります。ジャケットやマフラーであったかくして、自宅に戻ってからカゼをこじらせないよう気をつけておくと良いでしょう。

豪快にコテージで遊ぶ

コテージの中にはリゾートホテルが経営している建物もあります。そのへんのコテージはホテルのお風呂が使えるし、部屋の中もホテルで働く人間がクリーンナップするので隅々まで綺麗です。
コテージのキッチン事情は様々で調味料がタダである場合もあるのですが、ない場合が多いです。サラダ油や味噌は必需ですが、コンソメや鶏ガラスープも買っておくと役立ちます。
あるかどうか分かりませんが、ホノルルのコテージとかあるのであれば1回は泊まりたいですね。色とりどりの花を眺めながら冷やしパインなんか食べちゃって、気分転換にはスタンドアップパドルボート、すっごく良さげですよね。
人生の中でお泊まりしたことがあるコテージやロッジで凄かったのは那須のコテージです。掘りごたつやダイソン掃除機、圧力鍋もあるそうとう高基準のコテージでした。
那須のコテージはどの棟もハウスメーカーなどの企業が築造したなんてことはなくて、既に造り上げた状態のものを北欧などから買い上げてくる形式もあったら、事業者が全部いちから建てたってのもあります。
コテージに滞在する人間の中には釣りが趣味の方も大勢います。明るい時間帯はコテージから車で行ける海や川に長居して、タイや鮎などを釣り上げては歓喜しています。

夜には、キャンプにはモノポリーを持ち込んでおくと使えます。買って来るのは気乗りしないかもしれませんが、大雨の時や夜遅い時間に楽しめます。敗者は正座とかすると沸きますよ。
学生の集まりにコテージや貸別荘は人気です。フットサルコートや体育館が使用できたら何かの練習などができるし、民宿だと困難ですがコテージなら大グループであっても入れるからです。
今日この頃は国外からの観光客が多くなりましたが、コテージや貸別荘でも出没率は高いようです。コテージでは利用者間の絡みがちょびっとありますから、話しかけてみてもありですね。コテージの遊び方も多種多様ですね。

海も山もコテージ

よーく見るとキレイなビーチって案外多いんです。岩手県浄土ヶ浜は水が綺麗だし、釣りに適しているのもテンション上がります。歩いていけるところに貸別荘を借り上げて1日海で過ごしたいですね。
海でコテージやログハウスを使用する時には、規則を着実に遵守するようにお願いします。お酒を飲み過ぎてあまり大きな声で話さない、ゴミはちゃんと処理する、このあたりは誰しもが知っていますね。
かなり前に宿泊したことがあるコテージや貸別荘などでパーフェクトだったのは高知県のコテージです。掘りごたつやマッサージ機、ダンスクのタンブラーまであるめちゃくちゃハイレベルなコテージでした。

だけど、雪が降る季節の山でコテージを使うのもおつです。夜は寒いですがコテージの部屋には暖房設備がありますし、コテージにもよるけれど床暖房やハロゲンヒーターが付属しているコテージもあります。
旅に出るときや宿泊先を決めるとき、どこで申し込むのかは頭を悩ませますよね。憶測ではありますが、方面に依ってどの会社が強いとかはあります。詳細に言うならば、道南であればANAですが関西ならクラブツーリズム、あくまで一つの考えですがそこそこ使えるでしょう。
旅のクライマックスって晩御飯ですよね。香川のうどんとか呼子のイカとか岡山のももとか…かと言っても近年はほとんどのものがインターネットで買うことができるので、自宅でも食べられるんですけどね。
コテージによりけりですが本館にプールバーなどの遊ぶ場所が準備してあるパターンもあるようです。お天気が優れない日は庭で遊んだりできないので、コテージ内施設を利用するのも時にはありなのかもしれませんね。
3歳の時にご近所のおばちゃんにつれていかれた阿蘇のあたりのコテージは今なお頭の中に記憶としてあります。あの頃は部屋が幾つもあるということがまだ未経験でしたから、友達と一緒にテンションが上がったのを覚えています。
大半のコテージは緑が豊かなところに立地するので、外からどうしても蚊が入ります。コテージを使用する際はフマキラーとかをちゃんと備えておくと良いでしょう。
高級ホテルが利用しやすい那覇市ですが、コテージも見逃せません。海のそばだったり、冬でも外でバーベキューがなされるのは暖かいエリアのコテージだからこそです。
けど那覇は特に虫が多いから要注意ですよー。

雪国のコテージと行きたいコテージ

貸別荘やコテージは借りるだけじゃなく、資金があるなら自ら新築してみるのもアリです。スケールによっては抑えれば800でできるなんて人もいるし、使わなくなっても売ることができます。

コテージやキャンプ場に外泊する時にはクルマも自分の色を見せていきたいですよね。大型のヴェルファイアなどもいいですが、キャプティバなどの北米車とか、メルセデスなどのエグゼクティブ系も時々は乗りたいですね。

コテージで過ごすならバスフィッシングやパラグライダーなどエネルギッシュに遊ぶのも良いけど、静かな時間もアリです。緑のそばでハンモックに揺られたり普段聴かないような音楽を聴いたりするのも格別です。

それにしても我が国で最も北にあるコテージってどの辺りなんでしょう。豊富町?たぶんそんな気がします。ですが外に出れば氷点下だし、行ってみたってブランケットにくるまって本でも読むだけですね。

けどわたしは普通のところがいいかな。前の週末に旅行予約サイトをのぞいてからかなり出雲に行ってみたいです。そのあたりの限定の油取り紙を買いたいのと、いい雰囲気の温泉旅館があるからです。無理矢理でも休みをつくって3泊くらいはしたいですね。

ちなみに、コテージは人里離れた場所にあるのが当たり前ですから、ケータイは使用できるのか最初に従業員に質問しておくと良いです。問題が起こった時は携帯は必須アイテムになります。

ちなみに出雲にある木材でできているログハウス型コテージはざっくり考えると二個に分かれます。1個目は丸木で建造されたカナダで見るタイプのコテージ、もう1個は角柱に加工した木材でつくる北欧のタイプのコテージです。

コテージ通の男性の中には趣味が釣りの人もたくさんいます。太陽が出ているうちはコテージの近くにある釣り堀や海に行って、イサギやイワナなどを釣って喜んでいるそうです。

コテージに滞在するにあたって、規定に従うという事は誠に重大です。布団を畳んでおく、遅い時間に音楽をかけない、出かけるときは鍵をかける、どれもこれも幼少期に教えてもらったことですね。しっかりと守るようにしましょう。

コテージの滞在の楽しみ方

コテージでアウトドアするならやはり夏が素敵です。海が近いコテージや河原が近いコテージはすぐに水に浸かれるし、山上のコテージは夏場だろうが汗をかかずに旅行できるので人気があります。

芝生の上でのBBQは夏のコテージ泊のお楽しみ行事の一つです。肉を焼くのもマストですが、川で獲れた魚を串焼きにしたり、お餅作りに手間をかけてみるのもワイワイできますよ。

また、コテージやコンドミニアムに宿を取るなら足にもオリジナリティを見せたいです。国産のヴォクシーなんかもいいけど、GMなどの北米車や、ベンツのような高額自動車も時にはいいものです。

コテージに滞在するのであればアスレチックやパターゴルフなど活発に遊ぶのもいいけれど、のびのびするのもアリです。草花に囲まれながら詩を書いてみたり嗜む程度にお酒を飲むのも一押しです。

コテージでの過ごし方は多くの仲間と一緒にドンちゃんする所でしょうけど、4人程度で穏やかに過ごすっていうのもいいものです。新聞を読んだり三線を弾いてみたり、心も体も癒されますよ。

てなると温泉もいいですね。温泉の評価はお湯もだけど周りの雰囲気も重大です。廃れたところよりも色んなお店がやってて活気に満ちている方が人気があるでしょう。行ったことのある温泉で良かった所って言うと別府です。

次の正月が来る頃にはぼちぼち休みが取れそうなので、景気のいい温泉エクスカージョンをしたいです。神奈川とかいいなって思うけど美瑛も諦めきれない…残高と照らし合わせながらいい旅行を企画したいです。

あと、スノーボードトリップならコテージか山小屋に宿を取るのがいいでしょう。暖炉と乾燥機が使えて、プラスアルファでスキー場のエントランスまで近いロケーションなら文句無しですね。

ただ、今日日冬のコテージを舞台に音を愉しむ大学生などがいるけど、騒音がひどいのでやめてください。何よりも寝る場所であって夜中に遊ぶ場所ではないのです。みなさんも気をつけましょうね。

何歳になってもコテージ

2009年頃から続いているネイチャー思考により、ここ数年ではキャンプ場やロッジに関心を抱く人間が増加したように感じます。貸別荘やロッジなどには自然とごく近いところで居られる魅力があります。

貸別荘は田舎にあるのが自然ですから、携帯が繋がるのかはじめに店員さんに質問しておくのが懸命です。トラブったら人にきてもらうのに必需品になります。

コテージやバンガローは当日探すよりも前々から取っておいた方が安心です。スマホで番号を調べてダイレクトに電話もいいし、エイビーロードなどの旅行専門のサイトを経由してのスマホブッキングも利用価値が高いです。

世にあるすべてのコテージをハウスメーカーなどの企業が建ててるのではなくて、すでに作られたコテージを北欧などから買う形態もあるし、ご主人が木を切るところから手作りしたものもあるんです。そんなとこだと尚更色々聞いておきたいですね。

けど、5歳くらいの子がいると旅館ではめちゃくちゃ周囲が気掛かりですが、コテージは貸切なので全然いけます。走り回っても隣に聞こえることはないし、思い切って遊ばせることができます。

ちなみに子供とログハウスを借りるのにばっちりの期間って9月頃です。山がどの時期よりも素敵に瞳にうつるというのと、マムシが出てこないからです。しかしながら北国になると冷えすぎるので夏のがいいですよ。

そんな時期はコテージにはトランプを携帯するといいです。買って来るのはめんどくさいけど、極寒の日や遊び場所とか特に無かった時に遊べます。負けたらビンタとかでやるとかなり燃えますよ。

金銭的な余裕はなけれどヒマはある若い世代にも、想像どおりコテージは大人気です。隣の部屋がないから徹夜でどんちゃできるし、ロフトなんかはこのへんの年齢の子はハマりますよね。

今時の山系の着こなしってスタイリッシュですよね。10年前とかだと昭和っぽいとか思ってたけど、今はColombiaのバックパックとか、ゲットしたい一品が無尽蔵です。若者にはそなような楽しみかたもあるみたいですね。

コテージの施設について

旅のアイテム、忘れたくないのは音とバスソルトです。音は風景を色付けてくれるし、休息を取ることも肝心です。バックにスペースが空いてるならボードゲームもあればいいと思います。

コテージで聴く音は空気感にやられて、日々聴く感じのものとは別物みたいに聞こえます。大島保克ドノヴァン・フランケンレイターのようにゆったりしたのもいいけど、それとは逆にローリングストーンズくらいアップテンポ系もはまります。

軽井沢の山間部にありがちな北欧風のかっこいいコテージは、新婚のコテージお泊まりにいいかもしれません。ソファとかがシャレてるし、備品類も店主のこだわりがあって買いたくなります。

コテージやコンドミニアムによっては珍しい設備が使用可能な棟もあります。以前におうかがいした中でホントにスゴイと思ったのは檜風呂があるコテージ、超大型テレビ付きもそこそこでしたけどね。

宿泊するコテージを選ぶ際に確認したい重要ポイントを列記していくと、まずはロケーション、次にコテージの宿泊料金、それからコテージのクオリティ、それからサービスの良し悪しでしょう。

埼玉県や熊本県を中心として、我が国には優良なコテージがこれでもかと言うほどあります。しかしながら海外にはもっと凄いところがいっぱいあって、とりわけアフリカにはワンダフルなコテージが盛りだくさんなので行ってみた方がいいですよ。けどやっぱり日本も捨てがたい!

何年も経って60歳位になったら、キャラバンで日本縦断とかしたいです。マストな行き先は五島列島、絶景ポイントがあるのと住んでる人がとっても穏やかだと小耳に挟んだからです。

五島列島の料金が高いコテージだとBBQの膳立てと後始末をしてくれます。炭起こしが得意でない方でも従業員の方がパパッと手助けしてくれるので助かります。

近頃は感心するぐらい宿泊施設も色々ですよね。リゾナーレみたいにハイクラスなトコからケビンまで、経済力とか好みに合わせて取捨選択しましょう。

 

寒いところと暑いところのコテージ

コテージはみんな請負業者が建造してるってことはなくて、すでに作られたコテージをフィンランドなどから輸入するかたちもあれば、経営者がログの買い付けから始めて建設したってのもあります。

コテージには南国の風景を思い描きますが、寒さが厳しい場所も楽しめるものです。日が暮れるまではカマクラでも作って、日が暮れたらお部屋の中で暖をとりながらココアを飲みたいですね。

前の週末にるるぶを読んでから超!北海道の道北に行ってみたいです。エリア限定販売の和菓子があるのと、素敵な温泉宿があるからです。なんとしてでも日程を調節して二週間とかで旅行してみたいですよね。

なんせ最近寒いところ好きなんです。スノーピークのキャンプキットの物欲が止まりません。狙い目はフォールディングテーブルとウォーターサーバー、高いけどあると快適だし、持ってるだけでデキる風になります。

けど、夏にはやっぱり海ですね。コンドミニアムが注目されがちな石垣島ですが、コテージも見逃せません。オーシャンビューや、寒い季節にも庭での晩酌が問題無いのは沖縄県のコテージの良い点です。

そんなロッジにはジェンガを持参しておくと良いこともあります。用意するのは気がのらないかもですが、風が強い日やすることがない時に重宝されます。betするとめちゃくちゃヒートアップしますよ。

石垣のコテージ泊の翌朝は朝ごはんにも力を入れたいです。アボガドバーガーやグリーンスムージーなど、それっぽい朝ご飯を料理するのがいいです。朝の静寂の中食事するのはなかなかできない体験ですよ。

コテージのアピールポイントも様々で、すぐそばにライブハウスなんかの遊戯用設備が備えられているものもあったりします。台風だとテニスとかできないし、屋内で楽しむのも一興です。

現代は以前じゃ考えられないぐらい宿屋もジャンルがたくさんあります。リゾナーレみたいにハイクオリティなトコから貸別荘まで、資金や一緒に行く人によって取捨選択しましょう。

グルメよりコテージ

旅の重要ポイントって食に他なりません。信州の蕎麦とか秋田のすいとんとか山形のサクランボとか…と言いつつも今節はどれでもお取り寄せできるし、特別感はそれほど無いです。そうなるとやはりキャンプなんかでバーベキューする方が大いに価値があります。

6年前あたりからのアウトドアのトレンドによりここ最近ではキャンプやコテージに興味を持つ方が一気に増えました。ロッジやバンガローなどには草木のそばで生活することが可能ないいところがあります。

確かに耐えないといけないこともたります。ほとんどのコテージやロッジは森の中などに所在するので、コテージ内にちょっとくらいは小さい虫がやって来ます。宿泊の際はフマキラーとかをおうちから装備しておくと良いでしょう。

集団生活チックなのもこのタイプの宿の特徴。コテージを使用するのに際して、規律を順守することは非常に重要です。流しを掃除しておく、周りの電気が消えたら騒がない、戸締まり、ほぼ全てが先生を通して習ったと思います。

けど、一度泊まるとコテージは病みつきです。小さい頃叔父に遊びに行かせてもらった長崎県のコテージは良くも悪くも素晴らしい記憶です。当時はコテージに泊まることが初めてだったので、姉と共にかなり舞い上がりました。

コテージキャンプをするならバーベキューももちろんいいけど、コテージの中での普段通りのような自炊もおもしろいです。台所には調理器具が備えてあるコテージがそこそこあるので、なんだって調理できます。

社会に出た頃はハワイばかりでしたが、自炊が一番ということとパスポートがいらないことから、年齢を重ねてからは日本の名所に注目するようになりました。今気になるのは直島、ドキュメンタリーで見てからかなり行きたいです。直島にも素敵なコテージがあるといいですけどね。

 

いいとこコテージ

おととしの夏に初めて泊まった徳島のコテージは室内がキレイでコストパフォーマンスが高いしめちゃくちゃよかったです。日中に行ったラフティングではクタクタになったけど、ちょっとだけアクティビティを堪能できました。

けどラフティングではほんとに自然の恐ろしさを思い知らされましたね…。大地の恐ろしさは時として人間の理解を大幅に凌ぐものです。コテージは大概森や林のような所に建っているものですから、避難場所など地元のインフォメーションは念を入れて確認しておきましょう。

また、この5年間で相当な数のコテージに遊びに行きましたが、本栖湖のあたりはやはり良かったです。地元住民は良い人ばかりだし、周辺には遊べる場所が色々あるので、言うこと無しって感じです。

本栖湖は長くいればいるほど味が出てくる土地ですから、バンガローで単発のリゾバをするのも勉強になるものです。掃除機をかけて洗濯機回して、シルバーウィークとかはバタバタしそうだけど冬はそんなことも無いだろうし、ゲームなど持って行っておくと良いです。

しかし困ることもあって、多くのコテージは森林地帯に建っているので、部屋の中にどんなに対策していてもヤブ蚊が入り込みます。行く予定があるならアースノーマットとかをおうちから準備しておくといいです。

今節は本栖湖などの観光地に限らず、なんでってくらいに宿屋も多種多様ですね。リゾナーレみたいに贅沢なとこからトレーラーハウスまで、年齢や好みに合わせてセレクトするといいです。

けどやはり渋く決めるならコテージでのキャンプ。キャンプの素晴らしさは運転からです。ドライブスルーでいつものダブルラテとマドレーヌを買ったら、ランクル70を転がしながら懐メロをセット、これぞ幸せですよね。