読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コテージで遊びたい人集まれー!!

コテージで遊びたい人が集い、分かち合うブログ。コテージ好きなら誰でもどうぞ。

コテージの楽しみ方と北関東の旅


世の中ではコテージを丸々借りての合コンをする人が増えているようです。料理を通して普段の生活がよく分かるので、いい人をお探しならご飯屋さんでやるよりもキャラクターが見えておすすめです。またそういう時は高いコテージを利用できるのも利点ですね。

地球上にはニッポンでは見ることのない物凄いコテージがあるようです。本で読んだだけなので泊まったことはないけど、ナミビアにあるコテージはサイが驚くほど近いところにいて大迫力なんだそうですよ。ま、合コンは国内のコテージでしょうが…。

琵琶湖の付近にもおしゃれなコテージやログハウスは無数にあります。天気のいい日は湖水浴したり、カヤックに挑戦したり、草花観察でもして思うがままに時間を使いましょう。
春らへんに何とか貯金が目標に達するから、ちょびっと豪華な旅行に行こうと思います。神奈川とかいいなって思うけど美瑛もいいらしいし…予算に合わせて良い旅にしたいですね。
けど北関東も捨てがたい。去年の暮れに日光に行ってきた叔母が、めっちゃ素敵!って感嘆してました。大通り沿いに大人気のケーキ屋さんがあるらしく、住んでもいいくらいだそうです。

北関東でコテージを使うならバーベキューももちろんいいけど、コテージ内での自炊もやってみたいところです。備え付けのキッチンには料理をするためのアイテムが置かれているコテージが相当あるので、どんなメニューも作れます。
けどバーベキューもやっぱ捨てがたい!バーベキューの時の食べ物を選定するのって悩みますよね。冒険してマシュマロとかいいアイデアだと思います。だけど友達が提言しておからを料理した時はいけてなかったです。

大人の男の戸外でのアクティビティが増えたことで、コテージや貸別荘の数はここ数年でかなり増加しました。そんな中でも北関東を始め、四国や南九州、伊豆半島はコテージがたくさん軒を連ねています。
コテージの値段や地域によって置いてあるアメニティはそれぞれです。歯ブラシや浴衣だけのこともあれば、キンチョールやパックまで準備されてることもあります。コテージの進化は留まるところを知りませんね。